働くママ

時短勤務は肩身狭い!?辞めて正解だった私の経験談

時短勤務は肩身が狭い上に、嫌がらせを受ける対象になりやすいと身をもって体験しました。

上司や会社に恵まれていないと続けていくのは困難ですし、何よりも子育てママが働きやすい環境でないと、時短制度があっても意味がないのが現状です。

こぱりまま

肩身が狭く精神的にキツイ思いをされている方へ、私の経験が参考になれば幸いです。

時短勤務は肩身狭い!?辞めて正解だった私の経験談

肩身が狭く感じる理由は様々ですが、一番大きい要因は職場環境だと思います。

私が経験した職場は、独身男性が多かったこともあり、子育てママにはキツイ環境下でした。

男女の割合や子育てママの割合も左右されますが、どの環境下でも言えることは理解がある上司の元で働くことが出来なければ肩身の狭い思いをするということ。

あなたが今肩身の狭い思いをしている原因は環境なので、本来はそんなこと思う必要はないんですよ。

それでなくても時短勤務は、お給料とボーナスが減り、やりがいとモチベーションが下がる。

子育てママというだけで嫌がらせの標的になりやすく、同性からは嫉妬の原因になることも。

「私って一体なんのために会社にいるんだろ…」そんな孤独感を抱えながら職場へ行くのは、本当に辛いことです。

私は当時「時短羨ましい」「時短させてもらってるんだから」と言われ、ショックを受けました。

この発言と世間の時短へのイメージが、肩身を狭くさせている要因であることを発した本人たちは気付いていないと思います。

時短勤務という一見よさそうな制度の表面上だけを見て、経験したことがない人が発する言葉がこれだけしんどいのかと当時の私には辛かった言葉でしたね。

時短勤務は辛いんです。仕事を辞めたいと思っているあなたへ【体験談】でも話しましたが。

時短勤務の辛さって沢山あるけど、その中でも一番しんどいのって職場や周りからの理解が得られないことではないでしょうか。

「時短勤務は早く帰れるから楽してる」という誤ったイメージだけで片付けられるので、ワーママの気苦労や時間的余裕がないところがスルーされてしまう。

私は経験を通して「残業できない人は役立たず」という、日本の文化が根強いことを痛感しました。

育児や介護のために時短勤務をしているのであって、決して仕事を楽してるわけではないんですけどね…。

お給料とボーナスは減っているのに、短い時間で仕事を終わらせないといけないから精神的にはフルタイムよりキツイのが現実です。

時短勤務を軽視してはいけない

正直、復帰前は時短勤務はありがたい制度というイメージを持っていたけど経験してみると全然違った。

私が時短勤務を経験して辛かったことを、時短勤務は辛いんです。仕事を辞めたいと思っているあなたへ【体験談】でまとめていますが。

簡単に言うと、仕事量はフルタイムとほとんど変わらないのにお給料とボーナスは減り。

早く帰れる権利を持っているからと、周りからは楽でしょ扱い。

私の場合はそのことに加え、突然の部署異動。

それから上司に嫌がらせを受けたことが原因で鬱になりかけました。

もう今思えば一番最悪なパターンですよね(笑)

このままでは自分の体が動かなくなると思い、働き方を変えています。

正社員という安定と保障を手放すのは勿体ないとも思いましたが、それよりも大切なことは自分が笑って過ごせる日々を作ること。

ママが笑顔で居れば、子どもが笑顔、家族みんなが幸せになると思ったからです。

自分の心を犠牲にして、鬱になりかけてまで居続けるメリットがなかった

今ではストレスから解放され自分らしく生きられるようになり、働き方を変えて本当に良かったと心から思っています。

辞めるか迷っている方へ

今思えば、頑張って耐えて続ける必要ってあったのかな?

正社員にこだわりすぎる必要はなかったと思っています。

私は退職後、週4日の在宅ワークという働き方に変えました。

時短勤務で感じていたストレスが減ったことは精神的に大きかったため、この選択をして本当に良かったと思っています。

結局は時短勤務の制度があってもフルで働かないと、今の社会では生きづらさを感じてしまいますよね。

時短勤務だからと肩身の狭い思いをすることがなく、気持ちよく受け入れてもらえる社会になってほしいと心から願うばかりです。

私と同じ境遇で、今辛い思いをされている方はどうか無理しないでほしい

あなたがあなたらしく、働ける環境に身を置いてほしい。

ママが心から楽しいと思える日々を過ごすことが、あなたのためであり子どもと家族のためになるから。

「辞める」ことや、そこから「逃げる」という決断はダメなことではありません。

逃げるではなく、自分から今の環境を捨てるが正しいですけどね。

あなたに合う環境や働き方は必ず見つかるから大丈夫ですよ。

働き方が多様化している今だからこそ正社員という枠にとらわれずに、あなたがあなたらしく心から笑って過ごせる毎日になりますように

自分自身を大切にすることが、あなたと家族を幸せにします。

時短勤務中の転職については、下記の記事で紹介しておりますので参考にしてくださいね。

まとめ

肩身が狭い経験は辛いですが、きっとあなたを一層強くしてくれる事と思います。

これを機に、新たな道があると信じて頑張っていきましょう。

前向きに一歩を踏み出せますように。

ABOUT ME
こぱりまま
4歳の娘を持つ、超マイペースなアラサーママ。 Twitter@koparimamaもしておりますので、気軽にフォローや記事の感想をお寄せくださいね。