働くママ

在宅ワークのテレアポはつらい!?楽に仕事をするためのポイント

※本記事はテレアポを楽するためのポイントまとめです。在宅テレアポの体験談はこちら >>在宅テレアポって実際どうなの?子育てママのリアルな体験談

こぱりまま

私は、時給制の在宅テレアポを1年以上続けています。

出社よりも楽な反面、在宅特有の孤独やつらさも感じてきました。

自身の経験を元にテレアポを楽するためのポイントをまとめましたので、参考にしてくださいね。

また最後には、単価制や成果報酬制のテレアポでつらい思いをされている方におすすめの仕事を紹介します。

在宅ワークのテレアポはつらい!?楽に仕事をするためのポイント

テレアポは面倒なお客様の対応や、冷たいことを言われる仕事でもあるため向き不向きが分かれる仕事です。

しかし、プライベートを優先させなくてはならない人には、好条件な仕事なのでつらいけれど出来れば続けていきたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

私も最初はつらいと思うことがありましたが、テレアポを楽するポイントを知ることでその後はとても楽に仕事ができるようになりました。

まず始めに、テレアポ業務をする上で心得て欲しいことをお話します。

テレアポ業務をする上での心得

テレアポは、お客様の言葉を真摯に受け止めていたらメンタルが持たない仕事です。

適当に受け流すくらいの姿勢がちょうどいいので、文句や嫌味は聞かないのがベスト。

断られることや嫌なことを言われることも仕事なので、全てに真正面から聞いていたらメンタルが持ちません。

また【テレアポ=アポ取れないと意味がない】と考えがちですが、案件やスクリプトによっても難易度は異なります。

こぱりまま

なのでアポが取れなくても、自分を責める必要はありません。

正直なところテレアポはテクニックも大事ですが、運的要素が強い仕事でもあるのでベテランでも取れない時はあります。

そのため、アポを取る仕事というよりも電話を掛ける仕事という認識でいることが大切ですよ。

アポを取る仕事と思ってしまうと自分を追い込んでしまい辛くなると思うので、少し認識を変えるだけで楽になっていきます。

またアポが取れないことが続くと落ち込みますが、自信をなくす必要はありません。

なぜなら、私も取れる方ではないし全く取れない時期もあったからです。(それでも1年以上続けられてます)

こぱりまま

私は下手なのかもしれない、テレアポ合わないから辞めた方がいいかな…

そう思うこともありましたが、子育て中でこんな好条件な仕事はないと思い続けてきました。

コール数を重ねていくうちに慣れてきたのといい意味で開き直れるようになったので、それが気持ちを楽にしていく上では大切な事と気付いたのです。

こぱりまま

アポ取れなくても時給制だし良いよね~

このくらいの気持ちでテレアポをするようになった途端、声に余裕が出てきたのか前よりもアポが取れるようになっていきました!

真面目に根詰めてやるよりも、肩の力を抜いてリラックスすることが何よりも大切なことです。

こぱりまま

私のように時給制の在宅テレアポなら精神的に楽できますが、単価制や成果報酬制で働いていてアポが全然取れない場合は時給制のテレアポに変える or 職種を変えることをおすすめします。

楽に仕事をするためのポイント

テレアポは100件かけて1アポ取れるか取れないか、焦らずマイペースにゆったりとした気持ちでいることが大切です。

取れない間にも心無いことを言われて傷つきますが、そのうち嫌でも慣れてくるのでショックを受ける新鮮さも今だけ。

慣れと言うのは不思議で、最初はあれだけショックだったことも経験していくほど何も感じなくなっていきます

お互いに顔も素性も知らない人と割り切り、そんな人に文句を言われても正直どうでもいいことだと思えるようになるので大丈夫ですよ。

こぱりまま

深く考え過ぎず、淡々とこなしていくと楽に仕事ができるのでおすすめです。

クレームは音量を最小限に

クレーム対応のストレスを軽減するために、私は音量を最小限にして適当に流すことをしています。

内容のほとんどが、ただただ怒りたくて文句を言いたいだけなので、こちらが真摯に聞く必要性は全くありません

なぜならクレーマーの対応は、アポが取れるわけでもなく時間の無駄遣い、その上自分のメンタルが疲れるという何のメリットも生まないからです。

そのためまず、最優先するべきことは自分を守ることであり、自分がいかにストレスを感じずに対応できるかを考えて行動していくことがテレアポを長く続ける上で大切なこと。

大きな声で怒鳴られる前に、ボリュームを最小限にしておけばストレスを感じずに済むのでおすすめですよ。

切電後は思い切り文句を言う

在宅テレアポだから出来る事として、ムカついたことを言われた後は思い切り文句を言って発散することをしています。

その時感じたストレスは溜めずに、即効ストレス解消するようにしています(笑)

これが結構、爽快で気持ちが良い…!!

人には見せられないお口の悪さで、私はストレス発散していますよ(笑)

在宅で一人なので、切電した後に文句を言っても誰にもバレないところが特権です。

15分 or 30分 ごとに休憩を入れる

テレアポが慣れないうちは、15分ごとに数分間の休憩を挟むのが良いかもしれません。

1時間の間に4回休憩できると思うだけで、精神的な負担軽減にもなるので特に初心者の方におすすめです。

また、架電に慣れてきたら30分ごとに10分間の休憩を入れるのが理想的

テレアポは声一本のお仕事なので、話し続ければ疲れるのはあたり前のこと。

声も枯れていき、暗い声になってしまうとアポも取りづらくなってしまいます。

それから座りっぱなしも疲れる原因の一つなので、ストレッチを挟んだり、積極的に身体を緩めることをしていきましょう。(私はたまに立ちながら架電します)

予めここで休憩を挟んでおこうと決めておく事で、疲れにくくなり仕事の効率アップになるのでおすすめです。

片耳イヤホンで音楽聴いてリラックス

仕事中に音楽聴いて大丈夫!?と思われるかもしれませんが、これはテレアポ業務に慣れてきたら使えるワザです。

片耳イヤホンで聴いていれば、お客様の声を聞き逃すことがないので業務上心配は要りません。

音楽を聴くことにより耳も脳も幸せになるので、自然とリラックスした状態で仕事が出来るメリットがあります。

落ち込んだ時にはノリノリの音楽でテンション上げたり、やる気がない時には癒し系を聴くなど、その時の自分に合わせた曲を聴くと良いですよ

また、クラシック音楽であればゆったりと優雅な気持ちにしてくれるのでおすすめ。

音楽で自分のモードを切り替えるとスッと入っていけたりするので、是非試してみてくださいね。

ゆっくり話す、自分のペースに持ってく

「アポ取らなきゃ」と焦る気持ちでいると、ついつい早口になってしまいがちです。

テレアポに限らず、コールセンター業務では相手のペースに合わせるのではなく、自分のペースに持っていくことが重要

これは、会話の主導権を握るといった面でとても大切なことです。

そのためフロントトークから、ゆっくり話して自分のペースに持っていくようにしましょう。

ゆっくり話すメリットは会話の主導権を握る以外に、自分の喉を守ることも出来ます。

それに、ゆったりペースで話した方が精神的にも楽ですよね。

1件1件の架電ペースが早ければ早いほど疲れるので、がむしゃらにスピード重視というより自分のペースで話した方が調子も良くなりますよ。

また、テレアポは架電数が多いからといってアポが取れるとは限りません。

最初にもお話した通り運的要素がとても強い仕事です。

私もアポが取れなくて悩んでいた頃は、架電数を増やせば取れると思っていましたが、取れない時は架電数が多くても取れませんでした。

むしろ、がむしゃらにやっていた時よりも、ゆったりとした気持ちで架電していた時の方が調子が良かったです。

これは恐らく、声に余裕や明るさが出たからだと思っています。

テレアポがつらいと感じている人は、架電数だけが増えていく一方でアポが取れずただただ精神的に疲れているのではないでしょうか。

案件やスクリプトによってもアポは左右されるので、一喜一憂せずマイペースを保ちましょう

また、取れない時は割り切る姿勢でいることも大切

架電数を無理ずれば、声は疲れていき逆効果かもしれません。

根詰めずゆったりとした気持ちで仕事をしていきましょう。

水分補給をこまめにする

話すお仕事なので、特に水分補給はこまめに取るようにしましょう。

特に夏場はクーラーが効いている涼しい場所にいても、水分補給が十分でないと熱中症になりますので、くれぐれも気を付けてくださいね。

また、デスクワークは座っている時間が長いので血流の流れが悪くなります

水分補給をしっかり行うことで血流の流れを良くし、利尿作用もあるため席を立つことが自然と増えるメリットも。

体を動かすと、息抜きや頭のリフレッシュになるのでおすすめですよ。

私がおすすめする飲み物は、緑茶と水です。

緑茶には殺菌作用があるので、喉を守るのに最適&カフェインが入っているので眠気覚ましにも。

水はダイレクトに体を潤してくれるので、熱中症対策に最適です。

休憩時間は自分の好きなことを

在宅でのお昼休憩は結構余裕があるため、私は韓流ドラマを観たり本を読んだり疲れている時には仮眠を取って休んでいます。

ワーママだとなかなか一人の時間が取れないので、休憩時間は自分の時間を大切にする時間だと思って過ごすと良いですよ。

休憩時間が楽しみになると、午前中はお昼のドラマの続きのために頑張ろうと思えるし、楽しみがあるだけで気持ちが明るくなります。

これも在宅勤務の特権なので、休憩時間を特別の時間にして仕事を乗り越えていきましょう!

単価制・成果報酬制の仕事が辛かったら…

私のように時給制の在宅テレアポなら、アポが取れなくても安定収入が見込めます。

しかし、単価制・成果報酬制(出来高制)はアポが取れないと金銭的にも精神的にもキツくなってしまうのがデメリット。

アポが取れないで苦しんでいる方は時給制に変える、もしくはテレアポから離れて他の仕事をすることをおすすめします。

これ以上、テレアポをしてメンタルが不安定になるなら辞めた方が絶対良いですし、無理して続ける仕事でもありません。

人によって向き不向きがあるので、辞めて他の職種を探す選択もありですよ。

自由な場所で。自分の仕事を。リモートで。【ReWorks(リワークス)】

まとめ

テレアポはストレスが溜まりやすい仕事なので、ストレスをどう回避していくかがポイントです。

楽するポイントを実践してみて、テレアポが合わなければ他の道を探していきましょう。

在宅の良いところを存分に生かしながら、リラックスして仕事が出来るといいですね。

ABOUT ME
こぱりまま
3歳の娘を持つ、超マイペースなアラサーママ。 Twitter@koparimamaもしておりますので、気軽にフォローや記事の感想をお寄せくださいね。