妊娠出産

【経験談】産後ガリガリで悩んでいるママへ。太りたいのに痩せる原因と元に戻す方法!

こぱりまま

周りから体型のことを言われるのは、本当つらいことです。

私は産後、異常に痩せてしまいショックを受けましたが、今では元の体型を取り戻すことに成功しました。

自身の経験を元に、産後痩せすぎて悩んでいる方へ向けて健康体になる方法を紹介します。

【経験談】産後ガリガリで悩んでいるママへ。太りたいのに痩せる原因と元に戻す方法!

「産後は太る」と言うけれど、ガリガリに痩せて悩むママは少数派のように思います。

調べても産後に太る方法(健康体になる)といった情報はあまりなく、私自身もかなり悩みました

産後に職場復帰して「痩せたね~大丈夫?」「食べてる?」と言われた時は、流石に傷つきましたね…。

心配して言ってくれているのは分かりますが、産後の体型を気にしている時に言ってほしくないひと言だった事を覚えています。

なぜなら、ガリガリに痩せてしまったことを自分自身が一番よく分かっていたし、健康体になりたいと願っているのに、頑張ってもなれない現実が辛かったから。

きっとこの記事にたどり着いたあなたにも、そういう経験があるのではないでしょうか。

私は元々(妊娠前から)太る体質ではなく痩せ型ですが、産後は異常なくらい痩せてしまいました。

身長が158cmあるのに対して、一番痩せていた時で体重は38kg

この時は座ると骨が当たって痛いし、体力もないのですごく疲れていましたね。

私が健康体に戻ったのは産後から約2年後

徐々に体重が増えていった形で、体重は+7kg増で45kgになりました。

今振り返って思う、痩せてしまう原因は主に3つ。

・栄養不足

・睡眠不足

・産後特有のストレス

次で説明していきますね。

母乳育児は栄養不足で痩せる

痩せる一番の原因は母乳育児で栄養不足。

元々太りにくく痩せ型の人は、特に母乳の影響大です。

混合か完ミで育てているならまだ良いのですが、完母となると24時間エネルギー消費している状態と同じなのでガリガリになるのも無理はありません。

母乳育児に必要なカロリーは朝昼夕3食をしっかり摂ること、プラス350kcalの摂取が推奨されています。

そのため痩せやすい人は、1日4食+補食を摂るくらいじゃないと痩せるのも当然と言えるでしょう。

母乳は食べても食べても栄養が吸われていくため、常に栄養不足と思っていた方が良いです。

それに完母で育てている赤ちゃんの場合、栄養補給だけじゃなく喉が渇くと母乳のため、24時間吸われっぱなしの状態ですよね。

これは、ずっと走っているのと同じくらいカロリーを消費しているのだそうです。

今思えば、常に何かを口にしているくらいが丁度良かったのかもしれません。

私は完母をしていたのにも関わらず、補食をほとんど摂っていませんでした。

自分のことよりも育児と睡眠が優先だったので、食事は手抜きが多くしっかりとしたご飯は作れなかったです。

でもこれってワンオペ育児をしてるママさんなら、そうなるのが当然だと思うんですよね。

ご飯を作る時間があるなら「寝たい」「休みたい」という気持ちが、本音ではないでしょうか。

だからこそ、産後の食事は少しでも簡単で楽なものに変えていくことが大切だと経験を通して思いました。

しかし現実問題、栄養バランスを考えて食事を作るのは気力と体力が必要。

ワンオペ育児をしながら、献立を考えて時間をかけて作る事なんて無理に等しい。

でも産後や授乳中は栄養をしっかり摂らないと、栄養不足で痩せてしまいます。

そんな時は、栄養バランスが考えられた冷凍のお惣菜に頼ってみませんか。

産後は無理をせずたくさん栄養を摂ることが大切ですよ。

睡眠不足と産後特有のストレスで痩せる

産後は休む暇なく、2~3時間に1回は授乳やミルクが必要になります。

これによる睡眠不足のストレスは大きく、長い間しっかりとした睡眠が取れていない事も痩せる原因の一つ。

元々ロングスリーパーで、十分に睡眠が取れていないと不調になるタイプの方、もしくは赤ちゃんが寝てくれないなどの悩みはありませんか?

私の場合は8時間以上しっかり寝ないと不調になるタイプなので、産後の睡眠不足はかなりストレスになりました。

ベビーカーでしか寝てくれない子や、昼寝をしない赤ちゃんは一定数存在します。

頑張って工夫しても寝ない子は寝ません。

ストレスが溜まるだけなので、頑張って寝かせることを辞めてみましょう

それだけで気持ちが軽くなっていきますよ。

また、バウンサーを活用してみるのも一つの手なので、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

睡眠不足は大きなストレスの一つですが、産後特有の悩みはそれだけではありません。

育児と家事に追われて気付けば、部屋はぐちゃぐちゃのまま、あっという間に夕方。

おむつ、母乳、ミルク、ご飯、洗濯で精一杯ではありませんか?

自分の時間なんて全くなくて、赤ちゃんと24時間一緒にいる状態は本当にしんどいことですよね。

「赤ちゃんは可愛い」でも、気持ちに余裕がないのが産後の辛さでもあります。

私も産後はその気持ちを抱えていたので、あなたの辛さはよく分かるから。

今だからこそ言えることは、産後は不安定であり余裕がないのがあたり前という事。

命を削って、一生懸命向き合って子育てをしているから痩せるのです。

【 痩せる = あなたが頑張ってきた証 】と思ってください。

それに同じ経験をしているママさんたちは、たくさんいるから大丈夫。

その時は長く感じるけれど、必ず終わりは来ます。

お母さんという責任がのしかかって「自分がしっかりしなきゃ」と思うことは素敵なことですが、子育ては一人で抱えてはいけません

私は一時保育を利用したのがきっかけで、前向きに子育てが出来るようになっていきました。

誰かに子どもを預けられる安心感は、心の余裕に繋がります。

気持ちに余裕が持てると、前向きになるので自然と体重にも変化が出てくるようになりますよ。

まずは、たくさん周りに頼ることをしていきましょう。

真面目で神経質な性格の人は痩せる傾向

真面目・神経質・几帳面な人は、痩せる傾向があります。

私は几帳面な性格ですが、赤ちゃんのお世話をしながらの家事は思う通りにいかないため、ストレスになることが多々ありました。

それだけではなく産後は色んなことに敏感になったので、神経質に掃除をしていたことを覚えています。

結果的に休む時間より、動き回っている時間が多かった事が痩せてしまう原因になりました。

そのため産後にも関わらず、育児家事を真面目に神経質にやり過ぎている人は要注意です。

今振り返ると産後は、頑張り過ぎていたと気付くことができるのですが、その時はなかなか自分では気付けません。

真面目で神経質な人はもう少し、気楽に考えることをしてみてくださいね。

経験を通して思うことは、産後は難しいこと考えずただ食べて寝ることが一番

育児家事と全てに全力投球してしまうと、心と体のバランスが崩れてしまいます。

何事もほどほどに「大丈夫」と自分に言い聞かせるようにしましょう。

産後の子育ては本当に大変ですが、家事をできない自分を責めるのではなく、子どもと向き合ってきた時間に目を向けるようにすると良いですよ。

十分立派にママをしているから大丈夫、自信を持ってくださいね。

ワンオペ育児は痩せる!体重を元に戻すには

体重を元に戻すには…

 栄養をたくさん摂る

✔ 一時保育や誰かに預けて睡眠確保

✔ 一人抱え込まない、周りに頼る

✔ 育児家事を楽しようと考える

✔ 何事もやり過ぎない

上記が何よりも大事です。

また、卒乳をすると徐々に体重が戻るので「早く体型を戻さなきゃ」と焦る気持ちを抱くよりも、時間が解決するから大丈夫と割り切ることが大切ですよ。

健康体に戻って改めて感じたのは、母乳とワンオペ育児は心と体に相当な負担だったという事。

私は卒乳と仕事復帰してから、徐々に体重が戻っていくのを感じました。

そのくらい体の負担になっていたし、命を削っていたので痩せるのも無理はないなと思いましたね。

私は完母にして痩せたので、もし2人目を授かったときには混合か完ミにしようと心に誓いました…(笑)

体重が戻った理由はその他にもあり…

・仕事復帰してランチの時間が確保できたこと

・保育園に預けられる安心感

精神的には、上記2点が大きかったように思います。

復帰後の忙しさはもちろんあるのですが、何が違うって休憩時間に邪魔されずゆっくりご飯が食べられること。

これが本当に大きかったですね。

赤ちゃんの面倒見ながらだと、急いで食べるのが習慣化されてしまい、食べることに集中できない。

これも痩せる一つの原因だったんだなぁと今では思っています。

まとめ

産後の体型の悩みは辛いですが、焦らなくても徐々に体重は戻ります。

今できる事は栄養をたくさん摂って食べる、周りに頼ることですよ。

何事も無理をしようとせず、育児家事を楽するよう心がけましょう。

子どもは、頑張っているママを近くで見ているから大丈夫ですよ。

ABOUT ME
こぱりまま
3歳の娘を持つ、超マイペースなアラサーママ。 Twitter@koparimamaもしておりますので、気軽にフォローや記事の感想をお寄せくださいね。