働くママ

共働き子育ては無理、しんどいと思ったら読んで欲しい。つらい時の乗り越え方

正社員で仕事をしているなら尚更、共働きをしながらの子育ては大変です。

「もう無理…しんどい」と行き詰ったり、頑張っている共働き家庭は沢山いるのに「どうして私はダメなんだろう」そんなことを思ったら読んでください。

こぱりまま

本記事では…

・共働き子育てはなぜ無理?

・「しんどい」「限界」なのには理由がある

・負担を軽くすれば乗り越えられる!

を紹介します。

共働き子育ては無理、しんどいと思ったら読んで欲しい。つらい時の乗り越え方

「共働き無理」「もう辞めたい、限界」「辛いしんどい…」

共働きしながら子育てをしていれば、誰もが一度は思うこと。

表面上は、笑顔で難なくこなしている風に見えるママさんでも、みんな限界を感じることはあります。

例えばこんな時…

・子どもの体調不良で、会社を早退 or 休みが多い時

・家事と育児負担がパパママどちらかに偏っている

・ワンオペ育児で誰にも相談できず孤独

・お互い余裕がなくて口を開けば、夫婦喧嘩ばかり

・仕事、育児、家事で一人の時間がない

・保育園の送り迎えにグズって時間がかかる

・子どもを朝起こす~寝かしつけが上手くいかない

・自分のイライラが子どもと旦那に影響していると感じる

・疲れが溜まっていて、休日に子どもと遊びに行く体力が残ってない

・子どもに我慢や無理をさせていると思った時

など、ワンオペ育児で夫の理解がない、相談相手が居ないことによる孤独感。

子どもがいると予定通りに事が進まず、忙しいときに限って熱を出したりグズってイライラ…。

毎日のタスクをこなすので一杯いっぱいになり、何もかも上手くいかない。

そんなことが続けば「もう無理、しんどい…」と思ってしまいます。

共働き子育てはなぜ無理?

「無理」「しんどい」と感じるのは、あなたが頑張り過ぎている証拠であり、一人で頑張らないといけない環境下に身を置いているから。

もう十分頑張っているからこそ、今あなたがするべきことは「手を抜く」「負担を減らして余裕を持つ」「まぁいっか」と思うこと。

毎日のタスク(やるべきこと)に追われていると、余裕がなくなりイライラします。

余裕がなくなると視野が狭くなってしまうため、何一つ良いことはありません。

「ネガティブ思考」

「夫婦喧嘩が増えた」

「子どもがグズる」

「何もかも上手くいかない」

といった事が続いたら、少し肩の荷を下ろしてひと息つきましょう。

仕事、育児、家事はマラソンと同じです。

短距離なら全力で走って完走できますが、マラソンは全力で走り続けていたら途中で足が動かなくなってしまいます。

これは、無理し続けていたら鬱になり得るということ。

選択肢は無数にありますし、辛いことから抜け出せる方法はいくらでもあります。

けど、自分に余裕がない時、目の前のことでいっぱいになっている時は、そのことに気付かないもの。

まずは、今抱えている悩みや問題を整理していきましょう。

「しんどい」「限界」なのには理由がある

頑張っている共働き家庭は沢山いるのに「どうして私はダメなんだろう」。

そんな風に、あまり周りと自分を比較しないでください。

なぜなら、子どもの育てやすさ、育児環境、職場の理解、夫の職種など様々なことが関係してくるからです。

共働きを続けていける家庭って、職場が家の近くであったり、パパが送り迎えどちらか出来る、近くに頼れる協力者がいる、パパママのどちらかが在宅ワークだったりします。

どちらも外で働いていて正社員、育児家事に偏りがありワンオペ育児、頼れるのは保育園だけ、通勤時間が往復2時間ならしんどいのは当然。

パパの職種も大きく関係してくるので、平日は全て一人でこなさないといけない場合は、何かを軽くしていかなければ続けていくのは辛いと思います。

辛い状態が続くのは、あなたと子ども、そして家族によくありません。

私はフルタイムの共働き家庭で育ちましたが、母はワンオペにも関わらず(父は早朝~夜遅くまで仕事)正社員を続けました。

なぜそれが出来たのかというと、職場まで自転車で10分、保育園以外の協力者がいたからです。

うちの母は「電車通勤で往復2時間もかかっていたら、続けることは出来なかった」と、保育園以外の人に恵まれたから、やってこれたとよく言っていました。

当時の私は、それでも母はバタバタしていたし、忙しく大変そうな姿をよく覚えていますので、この環境下でもギリギリだったんだと思います。

今はコロナの影響もあり、他人に預けることが出来ないなど、しんどさは深刻化している事と思います。

確かに「お金」はあるに越したことはないですし、今まで積み上げてきた「キャリア」を手放すのも簡単ではありません。

けど、子どもが「ママ、ママ」と求める時期ってほんの少しの間だけなんですよ。

贅沢は出来ないけど生活が普通にできるなら、余裕を持って子どもをギュッと抱きしめる時間を優先して欲しいと思います。

私は共働き家庭で育って「しっかり者」と言われたり、「自立する」といった面では、メリットでしたが。

その分、「寂しい」思いや「誰かに甘えたい」けど甘えられない環境下で育ったことは、間違いありません。

自分がそういった思いをしてきたので、私が母になった時「この子には、自分と同じ思いはさせてはいけない」と思い働き方を変えています。

こぱりまま

通勤時間往復2時間から、週4日の在宅ワークへ働き方を変えました!

詳しくはこちらの記事 時短勤務は辛いんです。仕事を辞めたいと思っているあなたへ【体験談】で紹介しています、仕事の悩みがある方は参考にしてくださいね。

私の場合は、働き方を変えることで精神的負担を減らしましたが、他にも軽くすることで悩みを解消することは出来ます。

負担を軽くすれば乗り越えられる!

我が家のように、夫が早朝~夜遅くまで仕事、出張などで完全ワンオペの家庭も多いと思います。

「仕事」「育児」「家事」どれも完璧にやっていたら心と体が持ちません。

どれだけ「自分の負担を軽くするか」で大変さは変わるので、少しでも楽すること、適当さが時には必要です。

しなければいけないと思い込むと苦しくなってしまうので、やらなくても良い事を探していきましょう。

こぱりまま

真面目な人におすすめの言葉は「まぁいっか」!

・子どもがグズって言うこと聞かない → 「まぁいっか」

・疲れてご飯作りたくない → 「まぁいっか」

ストレスを感じていることに対して、一度「まぁいっか」と口に出して自分を受け入れると割と心が軽くなります。

例えば、子どもがグズっている時にイライラして怒るのではなく「保育園疲れたよね、ママも疲れたよ、その気持ち分かるウンウン」って子どもを受け入れると同時に、今の自分も受け入れてあげる

「そんなこともあるよね」「その気持ち分かるよー」って、共感してもらえると子供も安心するんですよね。

イライラするよりも受け入れてあげることで、機嫌が直りやすくなるので余裕がない時こそ「まぁいっか」と言ってあげてください。

今は4歳になったうちの子ですが、1~2歳の頃は体調も不安定な時期で一番大変、グズるのはあたり前、何もかもスムーズにいかない時がありました。

「もう疲れた、無理だ、しんどい」って何度も思いましたよ。

そんな時「まぁいっか」を言う癖を付けたら、ふとある時、2歳の娘が「まぁいっか」と言っていてその言葉に救われることも。

自分が言うと、子どもが真似していってくれるから何度もこの言葉に励まされましたね。

しなければいけないではなくて、どうしたら自分の負担が軽くなって余裕が持てるのかを考えること。

「手を抜く」「完璧を目指さない」「まぁいっか」と思うことが大切です。

それは、育児だけではなく家事も同じことが言えると私は思う。

使える時短商品はとことん活用して、疲れている時は無理せず最低限の家事だけにするなど心がけていきましょう。

共働きの夕食事情や私がしている対処法は、下記の記事で詳しく紹介しておりますので、参考にしてくださいね。

まとめ

共働き子育ての大変さは、それぞれ家庭の事情により大きく変わります。

少しでも自分の負担を減らすことを心がけていきましょう。

大切なことはママが笑顔でいる日々を増やすことですよ。

ABOUT ME
こぱりまま
4歳の娘を持つ、超マイペースなアラサーママ。 Twitter@koparimamaもしておりますので、気軽にフォローや記事の感想をお寄せくださいね。