夫婦のこと

ほっとくと逆効果!?妻が機嫌悪い時の対処法と夫婦関係を楽するコツ

こぱりまま

なぜ妻の機嫌が悪いのか、女性であり妻であり母親である私が答えます。

心当たりがなく”妻の行動が何を示しているのか”分からない…。

「嫁が不機嫌で、正直対応がめんどくさい」「心が休まらずストレス」

そんな悩みを抱えている世の旦那(夫)さんへ、対処法と夫婦関係を楽するコツをご紹介していきます。

ほっとくと逆効果!?妻が機嫌悪い時の対処法と夫婦関係を楽するコツ

朝は普通だったのに、仕事が終わって家に帰るとなんだか妻の機嫌が悪い…。

「何もしていないし心当たりもない」と妻の対処に困る旦那さんは多いです。

私が女性側の人間として一つ言えることは、機嫌は生理やホルモンバランスに大きく左右されるということ。

なぜなら、月に4回もホルモンバランスは変化しているからです。

これは簡単に言うと、月4回性格が変わると言っても過言ではありません。

そのためイライラしやすい週もあれば、心穏やかな週もあるのが普通の状態。

私たち女性のホルモンバランスが厄介なのはこれだけではなく、年齢や妊娠出産をきっかけに大きく変化することです。

そのため産後ママがイライラしやすくなるのは、子どもを守るために働くホルモンと言っても良いでしょう。

私自身も10~20代の頃や妊娠出産と、それぞれホルモンが変化していることを実感しています。

前置きが長くなりましたが…

何よりも旦那さんが気を付けて欲しいことは、“妻への体と心の気遣い”です。

そのため完全にほっとくというよりかは、そっと距離を置きながら気遣うのがベスト◎

完全に放置してしまうと「大切にされていない」と妻は思うので、面倒だからと無視するのはやめましょう。

次で対処法と声掛けする時のポイントを説明していきます。

妻の機嫌が悪い時は家事を率先しよう! >>旦那ができることは山ほどある!妻の育児疲れ解消法

そっと距離を置きながら妻を気遣う

妻の機嫌が悪い時、あなたならどんな行動をしますか?

1、何か悪いことした?と直接聞く

2、面倒だからほっとく(時間が解決すると思う)

答えは…どちらもNG。

この2つの間を取って“距離を取りながら相手を気遣う行動”が一番最適です。

まず1つ目の「何か悪いことした?」と聞くのは、自分の中で悪かったところが見つからず聞いてしまうパターンですよね。

これは妻からしてみると、「空気が読めない」「何回言ってもムダ」と思われるのであまり効果がありません。

2つ目の「面倒だからほっとく」パターンは、時間が解決するだろうと他人事にしてしまうこと。

妻からすると「いつも人任せ」「無責任」と思われるので、信用されなくなってしまいます。

ポイントは、そっと距離を置きながらも言葉ではなく行動で妻を気遣うこと

例えば妻に指示されなくても育児や家事を積極的に行う、生理の時は体を気遣う物を買ってプレゼントするなどが効果的です。

そっとしながらも相手を想い行動することが何より大切なこと

私もそうですが女性って大切に想われていると分かると、ケロッと機嫌が良くなったりしますからね(笑)

妻にプレゼントするなら >>育児疲れの妻に最適なプレゼント&私が実際にされて嬉しかったこと

女性に否定から入る話し方はNG

これは男脳と女脳の違いでもありますが、男性は優位に立ちたい心理が動くため否定的な意見を先に言ってしまいがちです。

しかし妻が求めているのは否定的な意見ではなく、自分を肯定してくれる言葉や共感

女性は、自分の話をする→相手に聞いてもらう→共感される=ストレス発散になります。

最初に妻を肯定してから自分の意見を言うことを心がけるだけで、妻の反応は驚くほど変わりますよ。

男女に関わらず人は誰しも自分が正しいと思いたいので、自分を否定されると心を閉ざしてしまうんですよね。

特に夫婦は家族であり生涯を共にするパートナーだからこそ余計なひとことを言ってしまったり甘えから言い過ぎてしまうことがあると思います。

お互いの意見を言い合うのはとても良いことですが、プラス相手を想う気持ちを忘れずにコミュニケーションが取れたらベストですよ◎

そのため妻の話を聞く時のポイントは、自分の意見を言うよりも妻に共感する姿勢が大切

「それは大変だったね」「辛いね」「お疲れ様」などの言葉で構いません。

妻に共感することを積み重ねていけば、不機嫌になることが少なくなるはずです。

機嫌取りをするのではなく、先に共感することを実践していけばOKですよ。

妻の機嫌が悪い時は家事を率先しよう! >>旦那ができることは山ほどある!妻の育児疲れ解消法

どんな時でも妻の味方でいることを忘れずに

妻が不機嫌だろうと、最終的には夫の心の寛大さも大切と私は思います。

精神的にドーンと構えていて、妻が困っていたら助けられる夫でいることを心がければ、自然と上手くいく。

妻の一番の理解者でいる必要はありませんが、夫が一番の味方でいることは出来るはずです。

大切に想っていることが妻に伝われば、夫婦仲は良好になるのではないでしょうか。

また、男性に比べて女性はホルモンバランスの関係上不安になりやすいです。

機嫌が悪い=メンタルが不安定であるということ。

そのため夫が安心感を与える存在として居てくれるだけで、妻は心強くなれるものなんですよ。

普段からスキンシップ取るよう心がけたり、恥ずかしければ肩を揉むだけでもOK!

「いつもありがとう」「困っていることがあったら言ってね」と声掛けするのが良いでしょう。

妻にプレゼントするなら >>育児疲れの妻に最適なプレゼント&私が実際にされて嬉しかったこと

夫婦関係を楽するコツは対等な関係を築くこと

突然ですが、夫婦関係って対等に築けていますか。

どちらかが我慢や傲慢していませんか?

夫婦関係を対等に築くことほど、難しいことはないのかもしれません。

夫婦である前に私たちは一人の人間。

違う環境で育った者同士が同じ屋根の下で生活をするのだから、上手くいかないことがあって当然です。

しかし、夫婦関係を対等に築くことができればグンと信頼度と仲は深まり上手くいくようになりますよ。

自身の話すると産後は夫婦喧嘩を頻繁にしていましたが、今はほとんど口喧嘩をしません。

そのきっかけとなったのは、夫が育児家事を積極的に行うようになってからでした。

夫が育児家事の大変さを理解してくれるようになった今、私の中で対等な夫婦関係を築けている気がしたんです。

夫の行動をきっかけに、お互いを尊重しながら本心で意見を言い合うことができるようになりました。

やっぱり女性は自分と同じことをして理解してもらえることが一番なんだと、改めて感じています。

昔の男は仕事、女は育児家事をするのがあたり前でしたが、その時代はもう終わりました。

お互いを支え合いながら同じことを共有していける良い時代になったと私は思っています。

妻の機嫌が悪い時は家事を率先しよう! >>旦那ができることは山ほどある!妻の育児疲れ解消法

まとめ

機嫌が悪い時はそっと妻を気遣い支えましょう。

妻を大切に想う気持ちが、夫婦仲を良好に保つ秘訣です。

出来るだけ育児や家事を積極的に行うのが良いですよ。

ABOUT ME
こぱりまま
3歳の娘を持つ、超マイペースなアラサーママ。 Twitter@koparimamaもしておりますので、気軽にフォローや記事の感想をお寄せくださいね。