子育て

服のこだわりが強い子へ簡単にできる対処法とは?

こぱりまま

毎日、同じ服を着たがり、上から下まで自分でコーディネイトをしないと気が済まなかったりと、こだわりの強い子はママが大変ですよね。

うちの子も、こだわりの強い子で洗濯中の服でも着たがったり、全身のコーディネイトを靴下までするような子で本当に驚きの連続です。

お出掛けをするときは、綺麗な服を着てほしいという親の願いも無念に終わり、洋服好きな私にとっては悲しみでした(笑)

今回は、服へのこだわりが強い子への対処法をご紹介します。

服のこだわりが強い子へ簡単にできる対処法とは?

「まぁいっか」と受け入れる

こだわりが強い子の子育ては、大変なこともたくさんありますが、それも個性であり素晴らしい長所の一つです。

うちの娘もたくさんのこだわりがある中の一つが、洋服でした。

お出掛けの時は、綺麗な洋服を着せたいと思って何度かトライしましたが、無理でした…(笑)

親の心境なんて知ったこっちゃない娘は、ボロボロの汚い(保育園で着る用の服)を着てご満悦な様子。

そんな姿を見て、娘がお気に入りの洋服を着て満足ならそれでいっか「まぁいっか」と思うようになりました。

「まぁいっか」と口に出して言ってみることで、自分自身が楽になったような気がして、こだわりの強い子の対応としてはこれくらいで良いのだろうと思うようになりましたよ。

つい最近、こんなことがありました。

娘の着たい服が洗濯中だったので、違う服を着せようをしたらイヤイヤされたので私は「まぁいっか」と受け入れて、肌着にジャケットという、裸でジャケットみたいなジャニーズの衣装でよくあるあるスタイルのまま保育園に行かせたことがありました(笑)

もちろん、保育園の先生に事情は説明しましたが、本人が嫌なら「まぁいいか。裸でジャケットよりかはマシか(笑)」と思ったらなんだか笑えてきました(笑)

そのくらいのことなんですよね。

子どものこだわりが強いということは、それだけ自我が芽生えている証拠であり成長です。

今は少々苦労するかもしれませんが、自我が芽生えハッキリ自分の意思があるということは、これから大人になり生きていく上でプラスになることだと思いますよ。

イヤイヤしている時には、無理にさせることはなくて「まぁいっか」くらいの気持ちでいる方がお互いに楽で良いと思います。

こんなことで、怒ったりママがイライラしてしまう必要もありません。

あなた自身にも、こうしたいというこだわりがあるはずです。

それは、子供も同じ。

深く考える必要なんてなくて、これも成長であり長所の一つと受け入れてあげましょう!

子どもに選択させる

こぱり家では毎朝、洋服のコーディネイトは子ども自身が決めます。

柄×柄でダサくても、私は口出しせず本人が決めた服を着せています。

なぜそうしているのかと言うと、自分で選択し決めることは、将来の自立に繋がることだと思うからです。

誰かに言われたからうするのではなく、”自分の意思で選択できる楽しさ”と”自分の選択は自由で良い”ことを知ってほしいからです。

幼い時に、こだわりが強いと親は大変ですが、とことん付き合い尊重することで子どもの長所を伸ばすことができると思います。

大人から見てダサくても、ママが良いと思わなくても、子どもにとっては最高にオシャレで自分の意思で決めてるからそれで良いんです◎

というか、柄×柄コーデってプラスに考えたら上級者コーデだよねくらいに思っておきましょう(笑)

自分と他人が違うように、一人一人に個性があります。

親と子は、似て非なるもの。

あなたの価値観に賛同する人がいれば、否定する人がいるように、世の中には様々な価値観があるから良いのでありそれは個人の自由なのです。

子どもの意思を尊重してあげて、自分で選択させる習慣をつけると良いですね。

誰とも被らない、おしゃれな子供服!保育園にもおすすめブランド6選保育園着は本当によく被りますよね。 今回は保育園着はもちろん、お出掛けにも着れる"ちょうどいい服"を紹介していきます。 「被るのが嫌!」という方には必見ですよ。...

一緒に洋服を買いに行く

服にこだわりが出てきたら、ママが選んで買うのではなく一緒に洋服を買いに行き本人に選ばせるのが有効的です◎

ネットで買う場合にも、写真を見せてコレどうかな?と確認を取って子どもの反応を見ながら購入すると良いでしょう。

本当にこだわりが強い子は、親が子どもの服の好みを分かっていても「これは違う」と言って全く着ないで終わることもあります。

そのため、一緒に選んで買う方法が一番手っ取り早いですし楽です。

ママの着せたい洋服があるのは山々ですが、自我が芽生え始めたら子どもの好きな洋服を着せてあげるのが良いですよ。

子どもの中でのブームや好きなものは、すぐ終わってしまうこともあるのでたくさん買う必要はないですが、少しずつで良いのでお気に入りの洋服を増やしてあげると良いでしょう。

大人と一緒におしゃれを楽しむプチプラ子供服「pairmanon(ペアマノン)」

子どもは着心地とポケットが好き

大人でも、着心地の良い服は何度も着たくなりますよね。

それは子供も同じで、ボロボロの洋服は着慣れていて着心地が良いからお気に入りなんです。

特にお出掛け用の洋服は、デザイン性で選びたくなりますが、伸びる生地の楽ちんパンツや動きやすいシンプルな洋服が子どもにとっては良いのかもしれません。

あと、ポケットが付いている洋服はおすすめです!

どんぐり、石、葉っぱなど、遊んでいる時にお気に入りを見つけてポケットに入れるのが子どもは好きみたいですね(*´▽`*)

最近は、デザイン性と動きやすさを兼ね備えた子供服もたくさんありますのでチェックしてみてください☆

大人と一緒におしゃれを楽しむプチプラ子供服「pairmanon(ペアマノン)」

まとめ

こだわりが強い子は、育てにくいと感じることもありますが、個性を伸ばしてあげるとプラスに進んでいくので心配は要りません。

お風呂上りはパジャマを着てほしいけど、洋服が着たいと言うならそのままにさせてあげて「朝、着替えさせなくて楽だわ」と親はプラスに受け取れるくらいになれると良いですね。

とにかく「まぁいっか」と思うことが大切ですよ☆

ABOUT ME
こぱりまま
3歳の娘を持つ、超マイペースなアラサーママ。 Twitter@koparimamaもしておりますので、気軽にフォローや記事の感想をお寄せくださいね。