働くママ

誰でも簡単にできる!テレアポでフロント突破をするためのコツ

こぱりまま

テレアポの受付突破はとても難しいですが、コツさえ掴んでしまえば簡単に繋げてもらえるようになります。

私も最初は苦戦しましたが、経験を重ねることでの発見や、自分が受付側をしていた時のことを思い出しながら実践していくことで、突破できるようになっていきました。

フロント突破が出来るとアポに繋げられる確率がグンと上がるので、この記事を読みコツを習得していきましょう!

誰でも簡単にできる!テレアポでフロント突破をするためのコツ

テレアポでフロント突破をするためのコツは、相手に安心感を与えられるかどうかで決まります。

受付の方は「営業電話は代表者に繋がないように」と教育を受けているため、不信感やあからさまな営業電話などは繋いでくれません。

“声”というたった一つの情報だけで、判断しなければならないのでフロント突破は意外と難しいんですよ。

直接会って営業をするのと、電話営業とでは最初の信頼度が全く異なることを心得ておきましょう!

テレアポ営業はマインドが全て!できない初心者から克服する方法「テレアポができなくて辛い」と落ち込む必要は全くありません。 経験を積むことも大切ですが、マインドや考え方次第で簡単にメンタルは変わります。 この記事を読んで、テレアポの苦手意識を少しでも克服できれば幸いです。...

自然に明るくハキハキと

声が疲れていたり話し方にメリハリがないと、聞き手が不信・不快に感じてしまいます。

テレアポはかけまくる仕事なので、声の調子がだんだんと落ちていくのは仕方がないことですが、“疲労声”にはならないよう注意が必要です。

またテンションを上げれば良いというわけではなく、自然に明るい感じがベスト◎

というのもテレアポの声には共通点があり、話すのに慣れている感じがどうしても出てしまうためです。

聞き取りやすいんだけど、ザ・コールセンターみたいな雰囲気と独特な話し方が、営業電話だと悟られてしまうのでこれでは勿体ないです。

そのため一度、自分の音声を録音し聞いてみることをおすすめします。

すると自分のクセ、テンション、テンポ、話し方を客観的に聞くことができるので、すぐに改善することができますよ。

スマホを近くにセットして、コールするタイミングで録音を押しておけばOK!

録音を聞いてみると「自分が思ってたのと全然違う…」と私はショックを受けましたよ(笑)

そのくらい話し手と聞き手では、“聞こえ方”“受け取り方”変わってくることを知りました。

上手くいかないなと思った時には、自分の声を客観的に聞くことが大切です◎

「どういった内容ですか?」 は○○で対応する

フロント突破の際によく、「どういった内容ですか?」と聞かれることがあります。

この場合、多くの人は受付の方へ説明をすると思いますが、最初から長々と言う必要はありません

ベテランの受付人は、これは営業電話なのかを見極めるために「どういった内容ですか?」と聞きますが、単純にどういう内容なのかを聞いてくる人もいるからです。

その時に私が使うのは「~とお伝えいただけますか?」です。

これは受付の方が、上長や代表者へ内容を伝える際に困らないよう配慮すると見せかけて繋げてもらう戦略です。

一つ目は「○○とお伝えいただけますか」と言うことで、受付の方は既存の取引先と勘違いします。

二つ目は「伝えていただけますか?」と疑問系にすることで、「はい、少々お待ちください」と保留にする率が高くなるという事です。

私は「~とお伝えいただけますか?」と言うことにより、格段に繋がる率が高くなりました

これは、すぐに試してみて欲しい方法です◎

テレアポ営業はマインドが全て!できない初心者から克服する方法「テレアポができなくて辛い」と落ち込む必要は全くありません。 経験を積むことも大切ですが、マインドや考え方次第で簡単にメンタルは変わります。 この記事を読んで、テレアポの苦手意識を少しでも克服できれば幸いです。...

深く突っ込まれたら丁寧に話す

内容に対して「~とお伝えいただけますか?」と言っても突っ込まれた場合は、丁寧に簡潔に内容を説明すると良いですよ。

【深く突っ込まれる=不信感がある】ことは間違いないので、少しでも信用してもらえるよう丁寧に説明する事を心がけましょう

よく「受付に突っ込まれた時点でアポ取れないじゃん」と諦めてしまう人がいますが、それは間違いです。

確かにアポに繋がる率が低いと分かっていながら、内容を説明するのはとても面倒な事です。

しかし、ちょっと近所の人にお話しする程度と思えば楽に出来ますよ。

また丁寧に説明しておけば、2回目3回目に架電した際にアポに繋がることだってあり得ます。

大切なことは、不信感を抱くお客様には面倒くさがらず、丁寧に対応することですよ。

「それって営業ですよね?」は素直に返す

「それって営業ですか?」「営業ですよね?」と聞いてくる人には、「はい」と答えるのが面倒にならず良いですよ。

中には「営業ではありません、ご案内です」と言う人もいると思います。

悪くはないのですがトラブルの原因になったり、お客様が逆上したりすることもあるので注意が必要です。

そもそも「営業ですか?」と聞いてくる人は、アポにならないことが多いのでシンプルに切ってしまうのが無難でしょう。

全員が全員に、営業電話に悟られないようにするには無理があるので、切るところはスパッと切ると疲れずに済みますよ。

また、内容を伝えても「うちには必要ないから」「そういった電話は取り次がないよう言われておりますので」と言われたらそれはそれでOK!!

むしろ最初に「うちはどれだけ説明受けてもやりませんよ」と言ってくださる方が、こっちとしても好都合

アポにならないのに、長々と話す方が時間の無駄ですからね。

営業電話を迷惑がる人が大半ですから、興味がある人だけに説明すれば良いんですよ◎

在宅テレアポって実際どうなの?子育てママのリアルな体験談私は在宅テレアポを1年以上続けています。 在宅ワークの中では稼ぎやすく未経験でもスタートしやすいことから、気軽にトライ出来るのが良いところ。 しかし、すぐ辞める人もいれば長く続けられる人もいるのが、このテレアポという仕事です。 今回は、「始めてみたいけれど不安」「在宅テレアポって稼げるの?」という疑問に私自身の体験談を交えてお話していきます。...

肩の力を抜いて軽快に

テレアポでよく見るのが、力み過ぎている人です。

「次こそ取るぞ!」という気持ちはすごく大切なのですが、熱量と圧が営業丸出しなので、フロント突破は軽快にがベスト。

フロント突破は、あくまでも担当者に繋ぐ前段階なので、そこまで気張る必要はありません。

イメージとしては、いつもお世話になっている取引先に電話するくらいの感覚でOK◎

ここでNGなのは、馴れ馴れしく電話するパターン。

「あ~!○○さんいつもお世話になっておりますぅ~!」

みたいなのは、最初は良くても後々信用を失う可能性があるので注意が必要です。

まとめ

自然に明るく、丁寧に対応、力み過ぎないことが何よりも大切です。

上手くいかない事が続くと落ち込みますが、最初は誰しもが通る道。

今回紹介したコツを実践して、経験を積んでいきましょう!

ABOUT ME
こぱりまま
3歳の娘を持つ、超マイペースなアラサーママ。 Twitter@koparimamaもしておりますので、気軽にフォローや記事の感想をお寄せくださいね。