働くママ

時短勤務が終わったらどうする?ワーママおすすめの働き方とは

こぱりまま

時短勤務終了が近づくと、今後の働き方について迷い悩みますよね。

今のところでフルタイムで働くか、転職してパートをするか、または辞めるか…。

どの選択肢が自分にとって最善なのか、この記事を見ながら考えるきっかけになれば幸いです。

時短勤務が終わったらどうする?ワーママおすすめの働き方とは

あなたは時短後の働き方について、何に一番不安を感じていますか?

実際に、ワーママが直面する悩みを下記にまとめました。

・子どもとの時間が減る

・ワンオペのためフルタイムは厳しい

・1人目まではなんとか正社員で働けたけど、2人目以降はキツイと感じる

・時短勤務でも大変なのに、フルタイムで働ける気がしない

・接客業のため、お迎えが遅くなってしまう

など理由は様々ですが。

私の場合は、復帰後1年で退職し(時短勤務してました)、今は在宅でフリーのお仕事をしています。

転職した理由は、時短勤務はありがたい制度でしたが、正直働きづらい面もあり、3歳までしか取れないところが難点だったので今後のことを考えて、家で出来る仕事に変えたのがきっかけでした。

(※私は辞めて本当に良かったです)

また、時短終了後にフルタイム勤務できる自信がなかったのと、「子どもとの時間を削ってまでやりたくない」という気持ちの方が大きかったです。

昔に比べて、ワーママに配慮してくれるようになったと言えど、まだまだママの負担が大きい事実は否めません。

仕事・育児・家事の両立は本当に大変で、現代のママさんはよく頑張っていると思います。

だからこそ、あなたが無理をして身体を壊してしまったら元も子もありません。

保育園時代には少々無理できても、小学校に上がった時にも同じように壁はあります。

働き方を少しでも変えたいと思った時には、早め早めの行動が吉ですよ。

子持ち転職のタイミングはこちら >>子持ち転職のタイミングと後悔しない方法とは?ワーママのリアル体験談

フルタイムになるとお金がなくなる欠点

在宅ワークの人は別として、外で働く人は働き損をする可能性が高いです。

お給料が平均よりも高い場合を別として、フルタイムになると今以上に時間がなくなるので、その分お金がかかります。

延長料金に補食代、ファミサポ利用料など。

また、ご飯を作る気力がなくなるので必然的にランチ代と外食が増えるため、フルタイムで得た収入はフルタイムによってなくなる可能性が高くなることも考えないといけません。

時短からフルタイムになると、お金に余裕が持てると思いがちですが、【時間がなくなる=無駄な出費が増える】ことになるので、その上でフルタイム勤務にする必要性あるのかを考えることが大切です。

こぱりまま

フルタイムで働きながらお給料をキープしたいなら、私は在宅ワークにすることをおすすめします。

在宅ならランチ代は夕食の残りで十分ですし、仕事着のバリエーションも必要ありません

外と家で働くのとでは、家計に結構な差が出るということが経験から学びました。

私は在宅ワークにしてから無駄使いが減り、ストレスも軽減しましたよ。

接客業のパートはおすすめできない理由

接客業を含む、飲食店や販売職のパートは主婦さんが多く働いており、子持ちママでも働きやすいイメージを持たれる方も多くいます。

実際に主婦さんを歓迎している求人は多いですよね。

しかし、希望している人材は“子育てに手がかからなくなった主婦”であることがほとんどです。

その理由は…

・急に休まれては困る職業であること

・土日祝や夕方以降に出勤可能な人が優先される

上記の傾向が強いため、まだ手のかかる子どもがいるママさんは難しいと言えます。

また、午前中枠は主婦さんに人気のため埋まりやすく、受かりにくいのが現状

小さい子どもがいるママさんは、他の人に比べ不利になることを心得ておくことが大切です。

こぱりまま

コロナの影響により接客業は、パート・アルバイトは稼げない可能性が高いです。

人材削減でシフトを減らしている傾向にあるため、収入が不安定になる可能性も視野に入れましょう。

子持ち転職のタイミングはこちら >>子持ち転職のタイミングと後悔しない方法とは?ワーママのリアル体験談

専業主婦の仕事は甘くない

生活に余裕があるなら、辞めて専業主婦になるのもアリです。

しかし、ここで気を付けないといけないのは“専業主婦は楽”という誤ったイメージのまま決めてしまうこと。

私個人の意見ですが、専業主婦こそ大変な仕事だと思います

なぜなら専業主婦は、お給料もなく年中無休、子どもが小さいうちは付きっきりでストレスになるからです。

仕事では、目標を達成したり評価を得られる場がありますが、専業主婦にはほとんどありません。

また、家族が専業主婦の仕事はあたり前と捉えている傾向が強いため、感謝を言われることも少ないです。

自分の頑張りを周りに認めてもらえなくても、人生を楽しめる人ならできると思いますが、ほとんどの人は途中で病みます。

「このままずっと家族のためだけに専業主婦をして、自分の人生が終わるのか」…と。

専業主婦で居続けることは、選択肢が限られてしまうことでもあります。

逆に自分で仕事を持ちお金を稼ぐということは、自由な選択肢が広がること

ここに差があるのではないでしょうか。

こぱりまま

専業主婦としてのブランクが長ければ長いほど、再就職が難しくなるので注意が必要ですよ。

在宅ワークならプライベートが優先できる

私が外で働いていた頃と比べ、圧倒的な違いを感じていることは“時間と心の余裕”です。

在宅ワークは、通勤時間がないため無駄な時間がありません。

その分子どもと過ごす時間や、自分の時間が出来たのが最大のメリットだと私は感じています。

外に働きに出ていた頃は、通勤時間に往復2時間かけていたので、それだけでも【通勤2時間×5日=10時間】も無駄にしていることに。

一か月に40時間も通勤に使っていて、これが1年、3年、5年…としたら…。(怖い数字になるので計算やめときますが)

この差はかなり大きいと思っています。

ワーママにとって時間は無駄にできないからこそ、貴重な時間をどう過ごすかが大切なことではないでしょうか。

その他にも、私が在宅ワークにして良かった点は…

✔ 育児と家事の両立がしやすい

✔ 急な休みが取りやすい(ママの精神的負担の軽減にもなる)

✔ 人間関係のストレスフリー

ワーママにはメリットが多いのでおすすめですよ。

PC一つで自由に働きたい方へ >>未経験者向けWEBスクール【SHElikes】

まとめ

ワーママの働き方について悩みは尽きませんが、大切なことはあなたの優先したいことが出来る環境に身を置くことです。

それぞれのメリデメを考えた上で、自分の中でベストな選択が出来ればOK!

理想の未来へ近づくためには、悩んで立ち止まるよりも行動が大事ですよ。

ABOUT ME
こぱりまま
3歳の娘を持つ、超マイペースなアラサーママ。 Twitter@koparimamaもしておりますので、気軽にフォローや記事の感想をお寄せくださいね。