働くママ

育休復帰後に辞めたい!【経験者が語る】後悔しないために考えること

こぱりまま

育休明けに会社を辞めたいと思う方は、結構多いです。

ワーママであれば誰しも一度は、辞めようか本気で悩むのではないでしょうか。

私もその一人で復帰後は1年で辞め、今は在宅でフリーの仕事をしております。

子育てをしながらの仕事は例え時短だろうが、想像以上に大変であり、辞めたくなる気持ちは痛いほど分かります…!

その中で私が経験して感じたことを元に、後悔しないために考えることを紹介していきますので、最後までお読みください。

育休復帰後に辞めたい!【経験者が語る】後悔しないために考えること

突然ですが、あなたが育休明けに仕事を辞めたい理由は何ですか?

1、仕事・育児・家事の両立が難しいと感じている

2、職場が合わない(ハラスメントを受けた等も含む)

3、子育てをしながら正社員で働くのがキツイ

どれもママには避けては通れない悩みで、誰しも一度は感じたことがあると思います。

私は、職場が合わないと感じたことやハラスメントが原因で辞めましたが、上記3つとも辞めるには十分な理由だと思っています。

よく他のママさんたちと比べて、「みんな頑張っているのに、こんな理由で辞めても良いんだろうか」と言う人がいますが、そんなこと思う必要は全くありません。

頑張っているのはみんな同じだけど、働いている環境も仕事内容も何もかもが違うし、あなたが辞めたいと思った理由で良いと思います。

人生や働き方、ライフスタイルは、自分自身で決めていけることであり、「他の人がこうしているから」などは自分の人生には関係ないってことですよ。

私個人の意見ですが、育休明けに会社へ1日でも復帰したなら辞めれる権利があると思っています。

こんな事言ったら、非常識など反対意見があるのも承知の上ですが、現実のところルール上は問題なしだからです。

その中で、あなた自身が復帰後は半年~1年は続けた方が良いと思っているのなら、そうすればいいと思う。

何よりも大切なのは、自分の中で後悔のない辞め方をすればOKということです。

ちなみに、人間関係や職場でのハラスメントがある場合は無理せずに、部署異動届けを出すor辞めるのが得策ですよ◎

時短勤務の転職は厳しい!?失敗しないワーママ転職のコツ私はワーママになってから転職を経験しましたが、子どもがいるだけで「転職が不利になる」社会の厳しさを痛感しました。 正社員への転職は簡単ではないですが、子持ちでも比較的受かりやすい求人はあるので安心してくださいね。 「転職がうまくいかない」と感じている方へ、失敗しないワーママ転職のコツを紹介します。...

優先順位を決めておく

子どもとの時間、キャリアとお金、時間の余裕と確保、正社員の保障…など。

ワーママでいると、色んなことを考えなければならないですが、自分の中で何を一番優先したいのかをまず知ることが、後悔しない選択をするために大切なことです。

4つ例を上げましたが、私のおすすめは今しかできないことに目を向けてみること。

キャリアとお金、正社員の保障は確かに大切ですが、個人的には子どもが小さいうちに無理する必要はないと思っています。

なぜなら、子どもが成長したら後々出来ることだから。

焦る必要はないんです、今しかできない事こそ人生で一番短い時間で大切なことだと私は思う。

確かにワーママにとって正社員は魅力的ですが、理不尽な思いをしないといけなかったり、時間と精神的にもキツイ、そもそも合わない働き方でもあります。

もしあなたが、正社員で働くのはキツイこともあるけど保障がそれを上回るなら、転職せずにそのまま今の会社で働いていた方が良いです。

(※小さい子どもがいるママの転職は大変です。正社員はなかなか見つかりません。)

また、キャリアとお金は生きていく上で必要ですが、キャリアとお金を求めると時間がなくなるというデメリットも。

時間がなくなると、忙しくなり心の余裕がなくなります。

忙しくなるとお金が浪費気味になり、これでは働き損に。

時間に余裕がなくバタバタな生活は、“行動する時間”と”考える大切な時間”を失っていきます

仕事・育児・家事のルーティーンで日々が終わってしまい、脳に考えるスペースがなくなるとアイデアも浮かばなくなるので心身共に疲れやすくなるので注意が必要です。

こぱりまま

何事も頑張り過ぎず、ほどほどにね。

時短勤務は辛いんです。仕事を辞めたいと思っているあなたへ【体験談】時短勤務という制度はありがたいですが、実際は思ってた以上に大変で理想には程遠いことを私自身も経験しました。 早く帰れる分、周りから大変さを理解されにくい事。 また時短勤務だからこそ、育児家事の負担がママに偏ってしまうことが原因と感じています。 今、時短勤務で辛い思いをされている方へ私の経験を通して、あなたが前を向けるきっかけ作りが出来たら幸いです。...

先を見据えて計画をする

例えば…

・今の現状のまま働いていたら、いつまで時短勤務が取れるのか

・子どもが小学校に上がった時のライフスタイルのイメージ

など、目先の事だけではなく、未来にどうなっていたいのかを考えて計画するのがベスト!

小学校に上がったら学童がありますが、預かれる時間の制限があるので保育園みたく、遅くまで預かってもらえません。

そういったことも含めて、どういう仕事をしたらいいのか、子育てをしながら長く働ける仕事を、これを機に探しておくことが大切です。

私の場合は、家族の時間と余裕を一番に重視しているため、家で働ける仕事をしたいと思い今に至ります。

今のうちに在宅ワークを確立してしまえば、小学校に上がった時に楽できるのではと思ったからです。

小学校に上がるまでに、仕事を安定させて余裕が出てきたら副業に挑戦してみるなど、出来ることはたくさんあります!

ママだからと諦めずに、何事もチャレンジすることが大切ですよ。

こぱりまま

理想のライフスタイルに近づくための、一歩を踏み出しましょう!

ワーママ転職の詳細は下記からcheckできます。

時短勤務の転職は厳しい!?失敗しないワーママ転職のコツ私はワーママになってから転職を経験しましたが、子どもがいるだけで「転職が不利になる」社会の厳しさを痛感しました。 正社員への転職は簡単ではないですが、子持ちでも比較的受かりやすい求人はあるので安心してくださいね。 「転職がうまくいかない」と感じている方へ、失敗しないワーママ転職のコツを紹介します。...

まとめ

子どもを産むと結局、負担がかかるのはママで、色々考えなきゃいけないこともたくさんあるけれど、その分学べることも、チャレンジ出来ることもたくさんあるんです。

だからこそ、諦めずにあなたのライフスタイルの実現をしていけばいいんですよ。

「ピンチはチャンス、失敗は成功の元」と思い恐れずに進んでいきましょう!

ABOUT ME
こぱりまま
3歳の娘を持つ、超マイペースなアラサーママ。 Twitter@koparimamaもしておりますので、気軽にフォローや記事の感想をお寄せくださいね。