働くママ

テレアポ営業はマインドが全て!できない初心者から克服する方法

こぱりまま

「テレアポができなくて辛い」と落ち込む必要は全くありません。

経験を積むことも大切ですが、マインドや考え方次第で簡単にメンタルは変わります。

この記事を読んで、テレアポの苦手意識を少しでも克服できれば幸いです。

テレアポ営業はマインドが全て!できない初心者から克服する方法

私はオフィスワークを一通り経験しましたが、その中でも一番大変だと思う仕事は、コール業務全般(テレアポ、オペレーター、発信受信など)です。

理由は、スキルなしですぐに始められるところが良い反面、初心者の人ほど「辞めたい」「続けられない」と病んでしまうことが非常に多いからなんですね。

しかし、長期的に働ける人が一定数いることも事実で、「コールするだけで高時給なのはありがたい」と思っている人も存在します。

では出来る人とできない人の差は、いったいどこにあるのか順に説明していきますね。

テレアポはコール業務の中でも特殊な仕事

あなたは、”営業”と聞いて何を想像するでしょうか。

営業マン、訪問販売、売り込みチラシ、広告など色々ありますが、その中でも【営業=直接会う】というイメージが先行して浮かぶと思います。

直接会う営業は、名刺を渡すことで自分が何者なのかを証明することが出来るし、容姿や清潔感、好感度で相手に信用してもらう事ができますよね。

しかし、テレアポ営業は真逆のことをします

いきなり電話をかけて“声だけの営業”をするため、相手からしたら「不信感」でしかないのは当然のこと。

信用からスタートするはずの営業は、テレアポの場合”マイナスから”になる事を心得ないといけません。

これらは、テレアポをする上で当然のことなのですが、コール業界は入れ替わりが激しく人は使い捨てです。

そのため初心者は、基本中の基本を理解しないまま「辛い」と辞めていくのが現実。

まずは同じ営業でも、テレアポは特殊な仕事ということを知っていきましょう。

誰でも簡単にできる!テレアポでフロント突破をするためのコツテレアポの受付突破はとても難しいですが、コツさえ掴んでしまえば簡単に繋げてもらえるようになります。 私も最初は苦戦しましたが、経験を重ねることでの発見や、自分が受付側をしていた時のことを思い出しながら実践していくことで、突破できるようになっていきました。 フロント突破が出来るとアポに繋げられる確率がグンと上がるので、この記事を読みコツを習得していきましょう!...

断られるのが仕事!アポは取れなくても良い

テレアポができないと思う理由で多いのは、「アポが取れない」「断られる」「ガチャ切り」「相手にされない」「クレーム対応」ではないでしょうか。

勘違いしてはいけないのは、アポを取るだけが仕事ではないということ。

断られること・理不尽なことを言われるのが前提のお仕事であり、その先にアポがあるというイメージ

そのため、本気で「アポ取るぞ!」みたいに意気込んでいたら当然辛くなりますし、すぐに心が折れます。

真面目にやっていたら取れるというわけでもなく、ほぼ運なのでマイペースに淡々とこなすのがコツ

また、案件やスクリプトによっても大きく左右されるので、アポが取れなくても落ち込む必要はありません。

「アポ取れなくても、電話を掛けるだけで稼げる!」くらいの気持ちでいることが大切ですよ。

「ガチャ切り」「相手にされない」と悲しくなるかもしれませんが、テレアポで大切なことは“去る者は追わず”です。話に興味がある人だけに営業すればOK!

理不尽な嫌味やクレームは真に受けない

テレアポを長く続けられる人が、理不尽な嫌味やクレームに屈しないのは、真に受けない(話を聞いていない)からです(笑)

初心者の方は「え!?」と驚くかもしれませんが、本当に聞く必要がないんですよ

そもそも、営業電話に怒っても仕方がない事だと思いませんか?

なぜなら私たちの仕事は、電話を掛けること

それに対して怒られても、「これが私たちの仕事だから」と堂々としていて良いんです

文句や嫌味を言う人もかなりの変わり者で、日々のストレスが溜まり吐き出しているだけだから。

飲食店のクレーマーなんかと似てますけど、偉そうにしている人ほど自分に自信がなくメンタルが弱いので、相手にする必要はありません。

そういう人に対して、私はよく「心に余裕がなくて可哀想」と思い受け流しています。

また、私は理不尽なクレーマーに対して「申し訳ございません」は絶対に使いません

受け答えは冷静にがポイントで、「はい」「ええ」「そうなんですね」「そうですよね~」と流してると、相手も真剣に聞いてくれてないと分かり諦めます

大切なことは、真に受けずに堂々としていることですよ。

クレーマーへの対応は、心を無にしてロボットを演じること!

経験を積むほどテレアポは楽になる

どの仕事でもそうですが、特にテレアポは経験を積むほど楽になっていきます。

最初の頃は単に経験が浅いだけなので、今は嫌なことを言われたら落ち込んだり、ショックを受けたり、自信をなくしたりしても大丈夫。(むしろそれが普通です)

どんなベテランの人でも皆ここを通って、何千回~何万回の人とお話しをして慣れてくるものなんです。

私も最初はクレーム対応に心が折れそうになりましたが、数をこなしていくうちに慣れと自信が付いてきたメンタルが図太くなっていきましたよ。

そして、今では声を聞くだけで相手がどんな感じの人なのか分かるようになり、クレーマーや面倒な人を即時に判断できるようになったので楽に処理する事ができるようになりました。

こうやって経験していけば、どんどんテレアポの仕事は楽になっていくんですよね。

最初は正直キツイですが、マインド次第で自分を楽にすることが出来るので「電話対応が苦手」「そもそも人と話すのが向いていない」人以外は出来ると思う。

むしろ人と話すのが好きで、コミュニケーションが上手い方なら楽しめると思いますよ。

在宅ワークのテレアポはつらい!?楽に仕事をするためのポイント私は、時給制の在宅テレアポを1年以上続けています。 出社よりも楽な反面、在宅特有の孤独やつらさも感じてきました。 自身の経験を元にテレアポを楽するためのポイントをまとめましたので、参考にしてくださいね。 また最後には、単価制や成果報酬制のテレアポでつらい思いをされている方におすすめの仕事を紹介します。...

人と比較しなくても良い環境で働く

周りの調子が良いと焦ったり、人と比較して辛くなることはありませんか…?

意外と多いストレスが「営業評価のプレッシャー」「上からの圧」「人間関係」です。

お客様と生じるストレスよりも、働く環境が原因で潰れてしまう人は一人でマイペースに仕事をしている方が合っているかもしれません。

初心者の人ほど周りを気にしないで働ける環境が必要かなと思うので、私は在宅テレアポをおすすめします。

在宅のメリットは…

✔ 周りを気にしなくていい

✔ 自分のペースを大切にできる

✔ 人間関係のストレスから解放される

✔ 通勤時間がない分、有効活用できる

もちろん出社テレアポの方が時給が良いんですが、ストレスを感じながら無理して働くより全然良いと思う。

在宅なら時間のない子育て中のママや、プライベートを優先したい主婦さんに合うのでおすすめですよ。

在宅テレアポなら >>好きな時間に好きなだけ働ける!在宅コールセンターの「コールシェア」

在宅テレアポって実際どうなの?子育てママのリアルな体験談私は在宅テレアポを1年以上続けています。 在宅ワークの中では稼ぎやすく未経験でもスタートしやすいことから、気軽にトライ出来るのが良いところ。 しかし、すぐ辞める人もいれば長く続けられる人もいるのが、このテレアポという仕事です。 今回は、「始めてみたいけれど不安」「在宅テレアポって稼げるの?」という疑問に私自身の体験談を交えてお話していきます。...

まとめ

続けられる人が少ないテレアポの仕事ですが、声だけでアポを取るなんて本当にすごい事ですよ。

今続けられている人は、多くの人にできなかったことが出来る人なので自信を持ってくださいね。

テレアポは古い働き方と言われていますが、低コストで成約が取れるまだまだ需要ある仕事です。

コール業務が出来る人は、他の会社でも重宝されるので諦めず経験を積んでいきましょう!

ABOUT ME
こぱりまま
3歳の娘を持つ、超マイペースなアラサーママ。 Twitter@koparimamaもしておりますので、気軽にフォローや記事の感想をお寄せくださいね。