働くママ

共働きフルタイムの家事がきつい、、しんどい状況から抜け出す方法

こぱりまま

お互いフルで働いていても、まだまだ家事育児の負担は男女差があるのが現状です。

帰宅後も家の仕事や育児負担があれば、しんどくキツくなるのは当然のこと。

今回はワンオペや一人で頑張っている方へ向けて、しんどい状況から抜け出す方法を紹介します。

共働きフルタイムの家事がきつい、、しんどい状況から抜け出す方法

フルタイムで働くことさえ大変なのに、帰宅後も家事や育児という仕事に追われるのは心身共にきつい事です。

世の女性たちママたちは“頑張り過ぎなくらい頑張っている”のに、報われない気持ちがあるのは家事育児の負担や収入面において男女で差があることが原因の一つ。

例えば収入面は男性の方が多いため、家事育児が女性に偏ってしまうなどです。

お互いフルタイムなのに、どちらかの負担が多くなればしんどくなるのは当然。

きっと今まで、あなた一人で家事や育児をしてきたのではないでしょうか。

そのため、自分の時間がない、精神的な余裕がない、子どもと過ごす時間も少ない。

このまま時間に余裕のない生活が続くのでは…と不安になりますよね。

しかし何よりも大切なことは、あなたが一人で抱え込まないことです。

しんどい状況を少しでも良くするために、出来ることから始めていきましょう。

ワーママに疲れた、逃げ出したい時に行動すること >>ワーママに疲れたあなたへ、逃げ出したい時に行動すること

一人で頑張らない完璧を求めない

一人で頑張れる人の特徴として、しっかり者で真面目責任感が強いです。

だからこそ、ギリギリまで頑張ってしまうし手抜きが出来ない

その上完璧を求めてしまうのではないでしょうか。

私もかなりこのタイプなので、気持ちはよく分かります。

経験を通して私が思うことは“完璧を求めてもキリがない”という事。

特に家事育児はキリがなく、終わらない長距離マラソンみたいなものです。

短距離なら一気に頑張って終えることができますが、長距離はそうはいかないですよね。

ゴールまで体力を温存しながら走り続けないといけません。

そのため息が切れる前に、一人で頑張らず助けや協力を求めることが大切ですよ。

夕食作りがしんどいなら >>働くあなたに簡単レシピでバランスごはんをお届け♪食材宅配のヨシケイ

家事育児はもっと旦那さんに頼っていい

夫婦生活を共にしている以上は、なるべく2人で家事と育児を協力したいですよね。

お互いフルで働いて忙しいのは同じなのに、自分ばかりが負担をしていると思うとイライラしてしまいます。

しかし「なんでしてくれないの」と思うより旦那さんをもっと頼ってあげることが大切ですよ。

あなたが家事育児をすることが習慣化しているため、旦那さんもあなたに甘えているところがあると思います。

そのため「○○してくれると助かる」と、具体的に指示を出すのが一番効果的◎

また相手に完璧を求めるとお互いに疲れてしまうので、イライラしそうになったら「まぁいっか」と受け入れて流すことも必要です。

無理しないための対処法はこちら >>共働き子育てはしんどい!無理しないための対処法

簡単、楽、時短、手抜きを基本にしよう!

フルタイムで働いて帰宅後、夕食を作る気にはなれませんよね。

家に専属の料理人がいたらどれだけ楽だろうかと私はよく思いますが、そのくらい料理は手間ですし余裕がないとできません

「またお惣菜なんて悪いよね…」「ちゃんとしたご飯作ってあげられてない…」

そんな風に自分を責める必要は全くありませんよ。

嫌々作ってイライラするよりも、負担を軽くして余裕を持つことの方が最優先

手抜きで楽するを基本にすることで、自分の時間や子どもを抱きしめる時間にすることの方が重要ではないでしょうか。

手抜きは決してネガティブな言葉ではなく、忙しい人の手間を省くという意味も含みます。

時間の余裕がない共働き世帯だからこそ手抜きや時短をして、今目の前にある“かけがえのない時間を大切に”過ごしていきましょう。

初めに言いましたが、家事育児は長距離マラソンと似ています。

適度に休憩を取ること最後まで体力を温存するために手を抜くことも必要ですよ。

夕食作りがしんどいなら >>働くあなたに簡単レシピでバランスごはんをお届け♪食材宅配のヨシケイ

他人と比較しない、できる人が基準ではない

よくいますよね、キラキラしているバリキャリ女子や何でもこなすワーママ。

周りは頑張っているのに、私は何も出来ていない気がする…。

できる人を見るとついそう思ってしまい、落ち込む事もあると思います。

でも、あなたと同じ人ではないし、暮らしている環境も違う、その人には家事と育児をしてくれる協力者もいるかもしれませんよね。

それにもう、あなたは十分頑張っています

目を向けるべき先は、他人ではなく自分自身ではないでしょうか。

他人と比較することほど無駄なことはありません。

自分の過去を見て、今の自分はどうかが一番大切ですよ。

例えば、昨日はこれが出来なかったけど今日は出来た。

どんなに小さなことでも良いので、自分を褒めて認めることの方が大事です。

それから人より要領がいい人は存在するし、自分よりタフな人も山ほどいますよね。

上を見たらキリがなく下を見てもキリがありません。

比べるところや基準はそこではなく自分自身という事です。

たまには、自分に目を向けて頑張りを認めてあげてくださいね。

正社員に疲れたあなたへ贈る言葉 >>ワーママはつらい!仕事を辞めたい時もあるさ。正社員に疲れたあなたへ贈る言葉

共働き家庭で育った私の持論

私はフルタイムの共働き家庭で育ちました。

今みたいに共働きが主流ではなく、時短制度がなかった時代でしたので今よりもシビアだったと思います。

そんな中でも私が幼少期時代を過ごせたのは、周りの人たちが温かく見守ってくれていたから

女性進出がまだまだの時代でしたが、お隣さんや近所の同級生のお家によくお邪魔させてもらったことを覚えていますし、保育園の先生や学童の先生がとにかく優しくて好きでしたね。

私の幼少期は、周りの人たちに恵まれていたことが何よりも大きいと感じてます。

家庭では父の顔はほとんど見ることなく、父が運動会やイベントに来たことは一度もありません。

母も本当に忙しかったですが、その中でも子どもと過ごす時間を作ろうと努力をしてくれる人でした。

何が言いたいのかというとフルタイムの共働きでも、子どもは育ちます。

でも結局後悔するのは親で、私の母は「もっと一緒に過ごせば良かった…」とよく言っています。

子どもの成長は本当にあっという間で、手がかかる時期を振り返ると一瞬のこと。

「ママーママー!」と子どもが母を求めるのは、本当にごくわずかな時間なんですよね。

ママとして求められている時は余裕がないと大変に感じますが、その時が一番なんだと思いますよ。

今私が大人になって母になって思うことは、両親との関わりはあるに越したことはないということ。

私の幼少期時代はほとんど父との思い出はなく、家族でどこかに出かけるといったことも少なかった。

そのため、自分の子には出来るだけ両親との関わりを増やしてあげたいと思いますし、私も子どもと過ごしたいんです。

子どもと過ごす時間を増やすためには、自分の負担を減らしてママの笑顔を増やすことが一番

働き方を軽く出来るのならその選択をするのもありですし、子どもの年齢に合わせて柔軟に変えてくのも選択の一つです。

私は正社員から在宅ワークのフリーランスへ働き方を変えましたが、この道を選んで正解でした。

フルタイムの共働きは、職場の理解や周りの協力者がいないと続けていくのが難しいことも事実です。

今つらい思いをしている方はどうか無理せずに、自分のために早めの判断をすることをおすすめします。

働き方を変えるか悩んでいる方はこちら >>時短勤務の転職は厳しい!?失敗しないワーママ転職のコツ

まとめ

一人で抱え込む前に、周りを頼って甘えることが一番大切です。

いつも頑張っているあなたに必要なことは、自分褒めて認めてあげること。

楽することや時短を基本にして、無理せず適度に手抜きすることが大切ですよ。

ABOUT ME
こぱりまま
3歳の娘を持つ、超マイペースなアラサーママ。 Twitter@koparimamaもしておりますので、気軽にフォローや記事の感想をお寄せくださいね。