ライフスタイル

クレンジングはやりすぎると逆効果!肌を健康に保つために大切なこと

こぱりまま

クレンジングのやりすぎは、乾燥肌や肌トラブルを引き起こす原因になります。

間違ったクレンジングの仕方は、肌を知らず知らずのうちに傷つけてしまうので注意が必要ですよ。

今回は、クレンジングはやりすぎると逆効果!肌を健康に保つために大切なことをご紹介します。

クレンジングはやりすぎると逆効果!肌を健康に保つために大切なこと

クレンジングで、ゴシゴシ洗うことを習慣にしてはいませんか?

化粧をしっかり落としたい気持ちは分かりますが、クレンジングのやりすぎは肌に逆効果です!

間違った方法で洗っていないか見直して、健康的な肌を取り戻しましょう☆

・ゴシゴシ強く洗っている → 肌を傷つける

・2度洗いする → 必要な油分や潤いを奪う

・熱いお湯で洗う → 乾燥肌になる

・シャワーで直接洗う → 毛穴詰まりの原因に

上記NG方法は肌を傷つけるだけではなく、肌バリアの低下や乾燥肌になる原因になりますので今すぐやめましょう!

また、必要な油分や潤いまで奪ってしまうので正常に肌が機能せず、化粧のりが悪くなってしまいます。

油分や潤いがなくなると体は過剰に出そうとする働きになるので、オイリー肌になってしまったり、逆に超乾燥肌になってしまう原因になります。

・優しく包み込むように丁寧に洗う

・ぬるま湯を使い、手ですくって洗う

・化粧の濃さでクレンジングを使い分ける

肌を優しく包み込むように、丁寧に洗うよう心がけることが一番大切です。

自分の肌に「今日もお疲れさま」と、労わるようなイメージで洗うと効果的ですよ◎

また、洗い流す際にシャワーを直接肌にあてて流してしまうと、毛穴が詰まる原因になるので必ず手ですくって洗うようにしましょう。

悩んでいる人

化粧の濃さでクレンジングを使い分けるってどういうこと!?

こぱりまま

化粧濃さに合った洗浄力のクレンジングを使い分ける、ということです。

詳しくは、次で説明していきますね☆

化粧の濃さでクレンジングを使い分ける

クレンジングの種類によって、洗浄力が変わることをご存知でしょうか?

種類洗浄力保湿力肌への優しさ刺激
オイル★★★★★★☆☆☆☆★☆☆☆☆
リキッド★★★★★★★☆☆☆★☆☆☆☆
ジェル★★★☆☆★★★☆☆★★★★☆
バーム★★★★★★★★☆☆★★★☆☆
ミルク★★★☆☆★★★★★★★★★★
クリーム★★☆☆☆★★★★★★★★★★
拭き取りシート★★★★☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆

何気なく使っているクレンジングでも、種類によってこんなにも洗浄力と肌への優しさが違います。

こぱりまま

私は、化粧が濃い部分(アイメイク)や落ちにくいメイクをした時にはオイル系を。

その他には、肌に優しいミルクやジェルで使い分けています!

メイクの濃さ=洗浄力で使い分けることで、肌への負担を減らし、健康的な肌を維持することができるのでおすすめですよ◎

顔全体に、洗浄力の強いクレンジングを使ってしまうと、綺麗な肌の部分が乾燥しやすくなったり、肌トラブルの原因になることがあるので注意が必要です。

使い分けは、未来の肌を育むために大切なので是非試してみてください♪

拭き取りシートは、刺激がとても強く、肌に負担がかかる上に肌を傷つけてしまう恐れがありますので、頻繁に使わないようにしましょう。

★新登場★ 酒粕と温感で優しくメイクオフ♪『PPMOONホットクレンジングゲルSK』

お湯で落とせるコスメを使う

肌を健康に保つには、最初から肌に優しい低刺激なコスメを選ぶことが大切です。

お湯で落とせるマスカラやアイライナーを使って、洗浄力の高いクレンジングを使う回数を減らしましょう。

お湯で落とせるマスカラで、私がおすすめするのは「dejavu(デジャヴュ)」の化粧品です!

【イミュ dejavu(デジャヴュ)塗るつけまつげ自まつげ際立てタイプ ラッシュアップE】

お湯でオフできるのに、パンダ目にならないところが素敵すぎるアイテムです。

私が使っているのは、スリムタイプのマスカラで超極細ブラシが特徴。

細かい部分を仕上げたい時、自然なまつ毛にしたい時に最適です。

簡単に細かい部分に塗ることができ、失敗しないで済むのでマスカラが苦手な方にもおすすめです◎

細かい部分用やナチュラルメイク用にいかがでしょうか☆

イミュ dejavu(デジャヴュ)ラッシュアップE マスカラ
created by Rinker

ノーファンデメイクで肌を健康に

肌を健康に保つのに、一番大切なことは素肌でいる時間を長くすることです。

バッチリメイクをすると、その度にクレンジングを使わないといけないことになるので、それだけで肌に負担がかかってしまいます。

私は元々乾燥肌なのですが、“肌への摩擦を減らすこと”を普段の生活に取り入れてみたところ、どんどん肌の調子が良くなっていきました!

仕事のない日や、週のうちこの日はノーファンデで過ごす日を決めるなどして、肌の健康を保ってみてはいかがでしょうか(*´▽`*)

ノーファンデで過ごすメリットを下記の記事で紹介しておりますので、良かったらcheckしてみてください♪

ノーファンデ歴6年の私が思うメリットと肌が綺麗になるメイク術!ノーファンデ歴6年のこぱりままです。 最近は嬉しいことに、初対面の方に「肌が綺麗!美容系の仕事されてるんですか?」「何の化粧品を使っているの?」と聞かれることが多くなりました…!(恐縮です…照) ノーファンデできるなんて、元が良いからでしょ~って思っていませんか? いやいや…、私ね幼い頃からアトピーでアレルギーが酷くてとっても悩んでたんですよ…!!!(これマジです) そんな過去を持つ私が、ノーファンデのメリットと肌が綺麗になるメイク術をご紹介します。...

まとめ

クレンジングのやりすぎには注意して、化粧の濃さに合ったクレンジングを上手に使い分けることが大切です。

また、お湯でオフできるコスメを使うことで、低刺激のクレンジングで落とすことができるのでおすすめ!

未来の肌のために、今できることを少しずつやっていきましょう☆

ABOUT ME
こぱりまま
3歳の娘を持つ、超マイペースなアラサーママ。 Twitter@koparimamaもしておりますので、気軽にフォローや記事の感想をお寄せくださいね。